Jesse Osborne-Lanthier Japan Tour in Osaka

Posted by | 5月 27, 2019 | Pick up, Schedule | No Comments
20190621

6/21(Fri)
OPEN 23:00
Door 2000YEN (+1D)

Live & DJ:
Jesse Osborne-Lanthier
[Halcyon Veil / Raster-Noton / Where to Now / Mind Records]

LIVE:
Albino Sound
Iku Sakan

DJ:
Ooshima Shigeru
ECIV_TAKIZUMI

Jesse Osborne-Lanthier (ジェシー・オズボーン・ランティエ) は、2007年よりカナダのモントリオールを拠点に活動するマルチ・アーティスト / デザイナー / プロデューサー / ミュージシャン / アート・ディレクター / キュレーター。

プロデューサーとして《Halcyon Veil》、《Raster-Noton》、《Where To Now?》、《MIND Records》等数々のレーベルより作品をリリース。他者とのコラボレーションとしてはACABRBMA (with Varg), Femminielli Noir / Femminielli (with Bernardino Femminielli, Asaël Robitaille and Pierre Guerineau of Essaie Pas), そしてGrischa Lichtenberger等と共作を残している。

これまでに北米、アジア、ヨーロッパを広範囲に渡ってツアーし、Mutek, Elektra, Norberg, Sonar, CTM, FASMA等の世界的フェスティバルに出演、Chino Amobi, Rabit, Oneohtrix Point Never, Alva Noto, Atom TM, Marie Davidson, Brood Ma, Age Coin, TMRW, Ausschuss, Dark0, Genome 6.66mbp, Osheyack等と共演。

彼の音楽作品・映像作品は、過去にthe Musée d’art contemporain de Montréal, The Nottingham Contemporary Museum, National Gallery of Canada, Compufunk, WWWß Tokyo, La Petite Mort, São Paulo Museum of Image and Sound, Berghain, NK Berlin, EMS Studio等、様々な美術館、ギャラリー、クラブ、ライブハウス、スタジオにて上演または上映されている。

アーティストやデザイナーとしても国内ではAvyss Magazine、東京渋谷Radd Loungeとも仕事を残すJO-Lは、自身の電子音楽、ビジュアル作品、アートワークを通じ、所謂インターネット・エイジ以降のグローバルなシーンにおける特異かつ未来的な美意識の地平を牽引 / 刺激する重要人物の1人。

grime, rap, noise, techno, ambient, con- temporary classical, sound art, comput- er music, heavy metalの音楽技法を援用 / ドロドロに溶解 / 換骨奪胎しつつ構築された彼の音楽は、現行のクラブシーンにおける扇情的リズム構造を併せ持つ電子音楽の体裁を取りつつも、モダンかつ強靭な構築美 / 非構築美を感じさせる音響彫刻と言えるだろう。昨年5月の初来日に続き二度目の来阪は大阪Club STOMPにて。お見逃しなく!(texted by IKU SAKAN)